4月14日に起きたチベット大地震の募金始まる!!

  • 2010/04/22(木) 23:44:53

4月14日に中国西部の青海省玉樹(ケグドゥ)チベット自治州で起こったマグニチュード7.1の大地震。
チベット人によると
「チベット人の寺院、学校、民家の90%は破壊された」とのこと。
(何故か中国や日本のマスコミは、上海万博のことしか放送しない)

そこで募金活動が始まった。
是非、協力していきたい。


◆ダライ・ラマ法王日本代表部事務所
詳しくは 玉樹(ケグドゥ)地震に関する募金のお願い

LINEで送る

チベットで地震!!

  • 2010/04/14(水) 23:07:09

中国西部の青海省玉樹チベット族自治州玉樹県で14日午前7時49分(日本時間同8時49分)、マグニチュード(M)7・1の地震が発生した。

しかしここからが中国らしい。

中国人民解放軍、青海省玉樹軍分区の呉勇司令官は中国中央テレビ(CCTV)に、400人以上の兵士を8回に分けて震源地の玉樹県に派遣したことを明らかにし、
まずはガソリンの備蓄庫や弾薬庫などの場所の警備態勢を強化した」と語った。


中国は人の命よりも、それを優先する国なんですね。
そんなことをしているからこそ、チベット族が不満を持つと言うことに、さっさと気付けよ。

一人でも多くの人が助かるようにと、祈るばかり。


◆【中国地震】「チベット」ゆえ迅速対応 民族対立避けたい当局
詳しくは 産経ニュース

LINEで送る

来年6月ダライ・ラマが長野へ そして中国は毒餃子事件の担当者を…

  • 2009/12/28(月) 23:32:28

ダライ・ラマ14世が来年6月、長野市の善光寺を訪問する。
理由は、かの北京オリンピックの業火リレーにおいて、出発地点を辞退したことによるものだ。
あれで、今までチベットの名すら知らなかった人にも、「フリーチベット」の単語だけでも、記憶に残っていることだろう。

他国の最高指導者に感謝されることはいいことだ。

◆善光寺にダライ・ラマ14世訪問
詳しくは Asahi.com


これを貼らないといけない気がした(笑)
エクストリーム・聖火リレー



そしてまだ解決していなかった中国の毒入り餃子事件。
あれの担当であった指揮官が転出…
つまり、事件の担当から外れた。
逃げた???

◆ギョーザ事件指揮官が転出 中国、解決の意欲後退か
詳しくは 産経ニュース

LINEで送る

ダライ・ラマ各地で公演

  • 2009/11/01(日) 23:15:29

現在、ダライ・ラマが来日中。
そして各地で講演会が行われる。

2009年10月31日(土)
東京法話「さとりへ導く三つの心と発菩提心」
2009年11月01日(日)
東京講演「地球の未来」への対話 −仏教と科学の共鳴−
2009年11月03日(火・祝)
四国特別講演 「自分を幸せにする生き方」
2009年11月05日(木)
沖縄特別講演「平和と慈悲のこころ」

詳しくは ダライ・ラマ法王日本大費用部事務所


いつもながらのお元気な姿。
しかしご高齢なので体調が心配だ。

LINEで送る

9/19 チベットの真実を訴えるピースウォーク

  • 2009/09/18(金) 23:39:10

2009年9月19日より上野の森美術館において 「聖地チベット 〜ポタラ宮と天空の至宝〜」展が開催される。
だがそれは、中国政府の手によるもので、チベット人の意志のとは全く別の物である。
そのことを世に知らしめるべく、活動する有志の方々がおられるのでご紹介。


◎開催日:2009年9月19日(土)

スケジュール:
集合 11:30(簡単な主催者挨拶、諸注意、ゲストご挨拶)
出発 12:00
到着・解散 12:30

ゲスト:ラクパ・ツォコ(ダライ・ラマ法王日本代表部事務所代表)

集合場所:台東区竹町(たけちょう)公園 東京都台東区台東4-21-1
最寄り駅:JR御徒町駅、東京メトロ日比谷線仲御徒町駅
◆詳しくは 「聖地チベット-ポタラ宮と天空の至宝-」展に抗議する国際連盟


フリーチベットは、決してファッションでも流行でもない。
命の訴えだ。

LINEで送る

画策しているのは、やはりあの国

  • 2009/03/30(月) 23:22:56

チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世とかかわりのある
外国公館などのコンピューターに不正にアクセス、情報を盗み取る大掛かりなスパイ網が存在していることが、
カナダのトロント大のチームの調べで分かった。


どこのスパイ映画なんだか。
それほどまでにかの国は、ダライ・ラマが怖いとみえる。

それにしても、
ワシントンのインド大使館などのコンピューターで、103カ国の計1295台に上った。


…とは酷いものだ。
形振り構っていられないと言うことなのだろう。


そう言えば、中国国内で、またYoutubeが見られなくなっている。
中国人兵士が、チベット人を撃ち殺す映像がYoutubeに上がっているからだとか…

見られて困ることを隠すのではなくて、止めればいいのに。
困ったもんだ。


◆ダライ・ラマにスパイ網 コンピューターの情報盗む
詳しくは 47ニュース

LINEで送る

悪いことは無い方がいい、良いことはある方がいい

  • 2009/03/14(土) 21:39:40

ピースマーチも無事終了した様だ。
明日にはYuotube辺りに、それらの映像が上がることだろう。

チベット問題のみならず、
全てにおいて
流行などの一過性で終わることなく、関心を持ち続けることが大事だ。

四六時中と言うのは、直接の関係者以外には無理だ。
だけど時折、思い出し、話題にすることは大事だと思う。
中国の話題が出た時にでも、ふと口にする。
それが必要なこと。

世間の認知度を上げると言う行為に繋がるからだ。
その中から、誰かがまた話す…
そしてまた誰かが…

こうして広がることが大切なこと。


それが、一番簡単に出来るサポート。
取り敢えず、会話に上らせる。
そこから初めて欲しい。

LINEで送る

明日は3月14日、Free Tibet な日

  • 2009/03/13(金) 21:08:36

前にも紹介した様に、渋谷でチベット・ピースマーチが行われる。

またその他にも、
チベットサポートワークショップと言うのも開催される。
こちらは国立オリンピック記念青少年総合センターにて、
"Undercover in Tibet"「チベット潜入取材」、チベット人の貴重な証言を伝える "Leaving Fear Behind"「恐怖を乗り越えて」の上映を行うほか、グループディスカッションなどを予定されていると言う。
場所    国立オリンピック記念青少年総合センター
時間    18:30〜21:00
参加費  500円(学生無料)

もし興味とお時間のある人は、是非、足を運んで欲しい。


◆チベット・ピースマーチ
詳しくは TSNJ (Tibet Support Network Japan)

◆チベットサポートワークショップ
詳しくは Students for a Free Tibet

LINEで送る

今日は東京とチベットと… いろいろ記念日

  • 2009/03/10(火) 23:09:55

今日は、東京大空襲と1959年のチベット民族蜂起から50年の日。
東京とチベットで亡くなられた方々に、黙祷…

東京大空襲で起こった悲劇を、忘れてはいけない。
また今尚続く、チベットの悲劇もまた忘れてはいけない。
こちらはまだ現在形だから、余計に悲しい。
だが、それは未来を変えられると言うことでもある。

明るい未来が訪れる様に、協力していきたいものだ。

Free Tibet!


…そして関西では、「あのカーネル・サンダース発見記念日」となるのか(笑)

LINEで送る

3月14日、渋谷で「Free Tibet!」

  • 2009/03/08(日) 23:15:05

今年の3月10日は、1959年のチベット民族蜂起から50年にあたる。
それで、「チベット支援を訴えて一緒に渋谷を歩こう」と訴えているグループがある。
かつてより、熱心にチベットを応援しているグループで、このブログでも、何度か紹介させていただいた。

歩く目的は、チベット・ピースマーチだ。
このチベット・ピースマーチとは、
チベット民族蜂起――1959年3月10日、ラサの民衆が蜂起して中国軍と対峙、ダライ・ラマ法王14世が亡命を余儀なくされ現在へと至る――を忘れず、チベットの平和と自由を求めて世界各地で実施される平和行進である。


日時    2009年3月14日(土) 14時集合
場所    渋谷・宮下公園(JR・私鉄・地下鉄各線渋谷駅下車 徒歩約5分)
       渋谷区神宮前6-20-10
参加費    無 料/事前の参加申し込みは不要です

「Free Tibet」は、単なる流行ではなく、行われ続けている活動であり、今のチベットにとっては、必要不可欠なものだ。
もし、目的も無く、無駄に1日を過ごすくらいなら、是非、参加して欲しい。


◆チベット民族蜂起50周年ピースマーチ
詳しくは チベット民族蜂起50周年ピースマーチ

TSNJ (Tibet Support Network Japan)
 

LINEで送る

ダライ・ラマ寄贈の仏像、公開始まる!

  • 2009/03/07(土) 21:01:37

それは昨年の、北京オリンピックの業火リレーのこと。
長野の善光寺が出発地点を辞退したことによって、ダライ・ラマ14世から贈られた仏像。
それが公開されると言うものだ。

仏像が輝いて見えるのは、それが金色と言うだけでは無いと思う。
善光寺の英断、仏教徒の誇り、チベット人を憂う人達の思い、善光寺を支持する日本人達の思い、
そしてダライ・ラマ14世を始めてするチベット人の感謝と友情などが、込められているからに違いない。

仏像は善光寺・日本忠霊殿で、無期限で毎日午前9時から午後4時まで無料で公開されると言うことなので、機会があれば、是非、見に行きたいものだ。


◆ダライ・ラマ寄贈の仏像、善光寺で公開 聖火リレー辞退のお礼
詳しくは msn産経ニュース


今一度、

Free Tibet!

LINEで送る

ダライ・ラマから感謝の仏像が贈られた善光寺

  • 2008/11/22(土) 23:43:58

今年の5月、聖火リレーで長野の善光寺が出発地点を辞退した。
それに対して、ダライ・ラマから感謝の意味を込めた釈迦が、都内で善光寺の若麻績信昭寺務総長に手渡したと言う。
とても良い話だ。
結ばれた縁を厚くしていきたいものだ。
これぞ仏縁。

そしてこの仏像は、来年4〜5月の御開帳期間中に一般公開されるそうなので、機会があれば是非拝見しに行きたい。


しかしあの時の、赤い旗の海はショックだった。
あれに恐怖を覚えた人もいるだろう。
何しろ中国大使館が先導した行為、つまり国そのものが他国での先導だったし。
まるで中国に侵略された風にしか見られなかった。

そう言えば、違法行為をして写真に取られていた中国人は、全て未だに捕まっていない。
長野県警にも困ったもんだ。

しかしこのニュースは、ほとんど報じられていない。
ダライ・ラマ関係だからか?
そして信濃とは言え、かの毎日新聞だからか?


■ダライ・ラマから感謝の仏像 「聖火」辞退の善光寺に
詳しくは 信濃毎日新聞

LINEで送る