タイの民族衣装を着た客室乗務員の正体は?

  • 2013/09/24(火) 21:58:24

タイのバンコクの国際空港でエアバスの事故があった。着陸の際の事故なので、当然、機内はパニック。
そんな時、一人のタイの民族衣装を来た客室乗務員が、
「非常に穏やかに乗客に接し、瞬時に乗客たちを落ち着かせていました」とのこと。

それだけならおかしくはない。この後が妙なのだ。
その機の客室乗務員は、その時、全員が航空会社の客室乗務員の服を来ていた。
そして目撃者は多数いるのに、監視カメラには全く写っていなかった。
機内からの避難後には、姿を全く見ていない。

キャビンアテンダントのコスプレをしていただけなら、監視カメラには写るだろう。国際空港だからな。

なのに、姿を全く見ていないとは…

そこで、何処の国にもいる「霊界」の専門家たちは、1998年12月にタイ国際航空の航空機が墜落した事故で死亡した客室乗務員の一人だと言っているそうな。

悪霊で事故へと誘うならともかく、
助けてくれるのなら、幽霊でもOKですよね(笑)


◆タイ 客室乗務員の幽霊を探す
詳しくは Voice of Russia
※ここのサイトは、ロシア以外の変わったネタが多い(笑)

LINEで送る

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する